Web Analytics Made Easy - Statcounter

黒子ビルメンの日々

アラフィフ半農半ビルメンの奮闘記です。

ビルメンの家計について

f:id:hinomoto028:20210720141806p:plain

ビルメンは「便利屋」的側面を持ちながら、細く長く食べていける業界と思います。例えば、台風の中合羽を着て、樋を見て歩くとか・・雨漏り養生をするとか、清掃さんのお手上げのトイレ詰まりの対応だとか、汚れ役要員ですね。さて、私は工場にいましたが給与は額面半分以下になりました。私はしかしなんとかなりそうだ・・・と楽観的です。なんとかなってますしね(ミニマムな生活ですが)畑でとれた野菜活躍中。

ちなみに今は「契約社員」です。未経験でのはじめてのビルメンどんなものだろうという感じで「待遇」は余り気にしませんでした。それに、今いる場所に然したる不満もなく、いる感じです。

私は、給与の20%は「苦虫貯金」と名付けた口座に入れて貯蓄用にします。積立NISAと貴金属の投資も行っています。

 

小遣いは月1万円です。レシートはとっておき、家計簿をつけます。

月に一度は飲み会(今は宅飲み)を友人とするのですが、ときに羽目を外すときも・・・その時は「現場合わせ」で、くらいゆるいですが、付き合いの時にお金がないからと言うのは嫌なので・・・。

抑える所を抑えねば、とこの間スマホの料金プランを見直しました。すべてネットで手続きするということで、苦手な方には少々きついかなと感じました。

歩く仕事なので靴底は減ります。個人的に色々はいて、今はオニツカタイガーになりました。若い頃よりスニーカーが好きで、色々履いていました。

「月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト生活」や「手ぶらで生きる」「年収90万円で東京ハッピーライフ」など、参考図書も多くあります。参照ください。

まだまだ暑いです。午後もご安全に!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代男性日記へ
にほんブログ村